ダイエットの健康効果

ダイエットの健康効果

ダイエットの種類によっても違う、健康効果

ダイエットと言えば、健康。

健康と言えばダイエットと皆さんは連想されるでしょう。

しかし、全てのダイエットが健康的だとは限りません。

それはどうしてなのか?

考えてみましょう。

運動なしのダイエット

運動しないでダイエット、非常に理想的ではありますね。

でも、このダイエット……一つ問題点があります。

それは筋肉が落ちるという事です。

ダイエットを行うと、贅肉、脂肪も落ちますが、同時に筋肉も落ちていきます。

ダイエットは成功したけど、みっともない体型になってしまったという方も少なからずいらっしゃるでしょう。

この様に、運動なしのダイエットは聞こえは良いですが、リスクが非常に高くもあります。

食べないダイエット

食べないダイエット。

これは最早論外と言っていいでしょう。

人間は食物を食べなければ基礎代謝というものが落ちます。

基礎代謝というのは人間が何もしなくても消費するエネルギーの事で、最低限必要なエネルギーでもあります。

食べ物を食べないと、この基礎代謝がぐんぐん減ってしまい、冷え性、さらには、太りやすい体質になってしまうのです。

ですから、必ず食べ物は食べてダイエットを行って下さい。じゃないと、リバウンドなんて事も……。

置き換えダイエット

これは、ある一定のものをずっと食べ続けてダイエットを行うというものです。

俗に『~ダイエット』と銘打つものが多いです。

これにもリスクはあり、一定のものしか食べられません。

何か一品足すとかなら良いのでしょうが、それしか食べられないとなると、これは話が違います。

例えば、主食を毎食変えたらどうなるでしょう?

そんな生活が長続きする筈がありません。

更に、普通の食生活に戻した時に、太りやすくなってしまいます。

やるなら、ずっと続けるか、それか、極端な置き換えダイエットは避け、いつでも普通の食生活に戻せそうな置き換えダイエットを選びましょう。

ここで御紹介したのは一部ですが、他にもダイエットが終わった後にどうなるの?

と疑問を持たざるおえないダイエットは多々あります。中には健康的とは言えないものも……。

一番は、堅実に運動でダイエットをする事だと私個人は思っております。

ですが、これもあくまで私見なので、参考程度にして下さい。

自分に合ったダイエットを選ぶのが何よりでしょう。

それが健康的なダイエットというものです。

ダイエットの心得

ダイエットの心得

初めに

実は私もダイエットの経験があります。

私の場合、体重約百二十キロを、体重六十キロまでに落としました。

期間としては一年半ぐらいでしょうか?

現在では身長との兼ね合いもあり、七十キロで保っています。

これらは全て高校生活内での話です。

そんな私ですが、今回こうしてダイエットの心得について筆を取らせて頂く事になりました。

個人的な心得ですので偏りがありますし、必ずしも全ての人間が当て嵌まるとは限らないという事を、どうか御了承下さい。

ダイエットには原動力

ダイエットをしようと漠然と思っていても、長続きはしませんし、まず殆どの場合始まりもしません。

まずは『自分が何故ダイエットをするのか?』という事を考えてみましょう。

私の場合の『原動力』は、見返してやる、という気持ちでした。

私は高校に通っていた頃、いじめというには違うのかも知れませんが、それに近い経験をしていました。

勿論原因は自分だってあります。

夏場は体臭がきつかったでしょうし、人よりもスペースを取ってしまったりなどと、一概に虐げられていたという訳でもないのです。

ですが、矢張り本当の事とはいえ、『太っている』や『痩せろ』などと、いちいち言われるのには腹が立ちました。

そこで思ったのです『痩せろというなら痩せてやる』と。

本当に痩せた時にどんな顔をするか、見てみたいと思ったのです。

言わば、悔しさが私の原動力でありました。

具体的な目標

目指すものがあっても、それが大きければ大きいほど人は挫けやすいものです。

現に私も何回も諦めそうになりました。

モチベーションを続かせる為には、『大きい目標』の前に『小さな目標』を作るという事が大切なのです。

私は自分の目標として、『一ヶ月間、家の周りを歩く』という目標を作りました。

これは、毎日家の周りをとりあえず一周するだけで良いのです。

まずはそれを最初の一歩として、次は二週、三週、四週と増やしていきました。

そして遂には家の周りを走るようになったのです。

このように、小さな目標を作る事で、『次に自分が何をすれば良いのか?』というものがはっきりと見えてきます。

『よし、今日は調子がいいぞ。目標の三週なんて直ぐに終わりそうだ』となったら、次は、『調子がいいから少し走ってみようか』となる訳です。

連鎖反応

具体的な目標が達成され始めると、徐々に結果が出てきます。

それは微々たるものから、大きなものまで様々ですが、結果が出ている事に違いはありません。

そうなると、もっと結果を出したいという『欲』が出てくるのです。

『もっと痩せたいから、少し食事の量を減らしてみようか』『食事の量は減らした、だけどこれじゃあ、まだ足りない気がする。そうだ、食事の内容も見直してみようか?』と、次々に自分が痩せる為のアイディアが沸いてくるのです。

これはよい兆候で、『良い連鎖反応』が出来ているという事です。

停滞期は諦めない

よく停滞期で挫折してしまうという方はおられませんでしょうか?

ダイエットには停滞期が付き物です。

ですが、そこで諦めてしまったら、それまでしていた努力、時間が全て無駄になってしまいます。

それはとても勿体無いです。

諦めそうになったら、違う事に目を向けてみましょう。

はたして食べる事だけが幸せなのでしょうか?

自分の趣味に没頭している時などは、時間や食欲など忘れて、その趣味にしか興味が無くなる筈です。

趣味があるという方はそちらの方に目を向け、一時の食欲など忘れてしまいましょう。

何も食べるなという訳ではないのですから、適当な食事をしていれば、問題はありません。

食事の時間までは自分を誤魔化して、気分を紛らわせて、待ちましょう。

趣味が無い。

食べる事が趣味だと言う方もいらっしゃるでしょうね。

そういう方は趣味を作る努力をして下さい。

無理にでも作るのです。

例えば、散歩でも、普段は歩かないルートを通ってみると、新しい発見があるかも知れませんよ?

買い食いの心配さえ無ければ、散歩などは非常にお勧めです。

もし、美味しそうな物を街中で見付けても、‘痩せたら‘食べれば良いのです。

その美味しそうな食べ物を出している店が閉店休業するというなら話は別ですが、大抵のものは無くなりません。

それに期間限定品なども、次はもっと良いものが出るかも知れないと思えば、苦にはならないでしょう。

それでも駄目な方は食べ物を目に付かせないという方法で乗り切りましょう。目に付かなければ、自然と食欲は減ります。

努力すれば結果は出る

こうして長々と書かせて頂きましたが、最後に私が言いたい事は、『努力をすれば必ず結果は出る』という事です。

それは表立って見える結果かも知れないし、そうでは無いかも知れません。

ですが、結果自体は必ず、少しずつでも出ているのです。
 
小さな積み重ねが明日の自分を作ります。

まずはがむしゃらにやってみる事。最初から駄目だと諦めない事です。

ダイエット中におすすめしたいレシピ

ダイエット中におすすめしたいレシピ

空腹感を抑えるレンジご飯

ダイエットをしていて、『これじゃあ物足りない』『ダイエット食品を買ってみたが、腹持ちが悪い』という事はありませんか?

そんな時はレンジでご飯はいかがでしょうか?

簡単に作れて、尚且つ、満足感も高いレシピって言うほどでもないレシピです。

材料

  • ご飯 一杯分
  • 野菜。または茸類 五十~百グラム程度
  • お好みのカップスープのもと
  • 電子レンジ
  • 塩 適量

まずはご飯をレンジで加熱してもいい耐熱容器に、ご飯一杯分を移します。

この時、自分お茶碗で一杯を量るといいでしょう。山盛りにしてはいけません。

あくまでご飯は平らに盛りましょう。

ご飯を器に移したら、野菜または、茸類を包丁、あるいは調理鋏で刻みます。

食べる時に大きいと食べ難いので、小さく刻みましょう。

この時、野菜や茸類は、お好みのカップスープに合うものを選ぶようにしましょう。

例えば、中華風のスープに茸やネギは合いますが、洋風のスープに茸は合っても、ネギはあまり合いません。

其の辺りは御自分で調整して下さい。

刻んだ野菜、または茸を、耐熱容器の中のご飯の上に乗せます。

そして、お好みのカップスープのもとを上からかけ、塩を適量振ります。

塩はあまり多過ぎるとしょっぱくなってしまうので、小さじ一杯程度にしましょう。

それと、カップスープのもと、塩は必ず野菜や茸類の後に入れて下さい。先に入れてしまうと混ざり難くなります。

全ての食材を入れ終わったら、お湯をカップスープに表記したある量より多少多めに注ぎましょう。

入れ過ぎると薄くなるので、軽量カップで量るといいでしょう。通常注ぐ量より、二十ミリリットルぐらい多ければ十分です。

お湯を注いだら、スプーンなどでよく混ぜます。下の方で固まる事が多いので、よく掻き混ぜましょう。

混ぜ終わったら、電子レンジで三分加熱して下さい。

三分経ったら、もう一度ダマが無いように念入りに混ぜ、もう一分加熱して下さい。そうすれば出来上がりです。

以上がレシピです。

中華風のスープや和風のスープのもとを使えば、雑炊風になりますし、洋風のものを使えばリゾット風のものになります。

ご飯も水を吸って膨らむので、満腹感も申し分無いですよ。

是非、お好みのスープで試してみて下さいね。

ダイエットで重要な食生活の見直し

運動するだけでは痩せない?

運動はダイエットに不可欠です。

筋肉を維持する為にも、脂肪を燃焼させる為にも無くてはなりません。

ですが、運動をすれば当然お腹が空きます。

お腹が空いたからといって、その分食べてしまったら、せっかくのダイエットが意味を成しません。

ダイエットにはもう一つ、運動以外に欠かせない要素があります。

それは食生活の見直しです。

自分がどういう物を食べているのか。

それを詳しく分析、改善する事で、ダイエットの成功率はぐっと高まります。

では具体的に何を気を付ければいいのでしょうか?

痩せている人の食事を見よう。

これは大切です。

太っている人の食生活を真似すれば、当然太りますし、痩せている人の食生活を真似れば、痩せていくのは道理というものです。

痩せの大食いという言葉がありますが、それは特殊な場合を除きありえません。

貴方が太っているなら、貴方はそういう『特殊』な人ではないのでしょう。

そんな方は痩せている方に、どんな食事を毎日摂っているか聞いてみてはいかがでしょう?

真似は出来なくても、参考にはなると思います。

まずは、自分の食生活に疑問を持つ事がはきっかけですよ。

カロリー計算

よく『カロリー』という言葉を聞きますね。

カロリーとは人間に必要なエネルギーの総称です。

エネルギーが足りなければ、それを体の中から消費します。

逆に多くのエネルギーを摂ってしまうと、それは『脂肪』とい形で体内に蓄積されてしまうのです。

カロリーは普通のスーパーにある生鮮食材などには表記されていません。

ですが、調味料、加工済み食品、お菓子などには表記してある場合が多いです。

インターネットサイトでは生鮮食材のカロリー計算を出来るサイトもあるので、一度みて見たらいかがでしょうか?

カロリーはコンビニの食品の殆どには、必ずといって良いほど表記されています。

コンビニで食事を摂るという方は、一度、商品の裏にひっそりと書かれているカロリーを見てみましょう。
 
さて、カロリーと言っても、『どれぐらい摂ればいいのか分からない』という方も多かろうと思います。

でも、自分に必要なカロリーも、インターネットのサイトで調べる事が出来るのです。

体重、身長、年齢を打ち込むだけであっという間に出てきます。

是非参考にしてみましょう。

直す気がなければ……

このように、貴方は自らの食生活をいつでも変える事が出来ます。

が、変える気が無いのならば、それは意味を持ちません。

『自分自身が変えたい』と強い意思が必要なのです。

変えようと思うだけでは駄目なのです。

今日から変えましょう。

それがダイエットへの近道です。

ダイエットで必須となる運動について

ダイエットで必須となる運動について

運動の必要性

ダイエットに運動は付きものですね。

運動をする事によって脂肪は燃焼されますし、ダイエット時に落ちてしまいがちな筋肉も付きます。

汗を掻けば、体の老廃物も出ていきますし、何より、運動自体が趣味にもなります。

でも、運動は辛いし……という方もいらっしゃるでしょう。

そこで、運動をいかに続けられるか考えましょう。

自分に合ったものを

運動は人によって向き不向きがあります。

例えば、走るのや、歩くのは好きだけど、球技などは、あまり上手ではないから苦手な方。

私もどちらかと言えば、運動は得意ではないので、歩く、走る、といったものを選ぶ事になります。

勿論、球技など、他のスポーツが得意な方はそちらの方を選びましょう。

得意ではない方は、散歩なり、ランニングなりで汗を掻きましょう。水泳なども良いですね。

運動をする上でのリスク

運動でダイエットをする上では、必ず、リスクも付いて回ります。

それは怪我です。

怪我をしたら、せっかく始めた運動を続けらなくなります。

なので怪我をしないように、十分に注意を払い、怪我をしないように気を付けましょう。

怪我をする事は、ダイエットもモチベーションの低下を招きますので、未然に防ぐ事が大切です。

それにはまず無理をしない事。自分が出来る範囲の運動を心がけましょう。

小まめにストレッチ、準備運動などをして、筋肉を伸ばすのも必要です。

特に冬の寒い時期は、筋肉が縮こまりやすいので、よく伸ばしましょう。

楽しむ事が大切

運動を続けるには、運動を楽しむ事が重要です。

もし、貴方が運動を楽しくないと思うなら、楽しむ努力をしましょう。

今している運動が楽しくないなら、他の運動だってあります。

物は試しと、食わず嫌いをせずに色々な運動をしてみるのも良いですね。

楽しければ、それが一生の趣味になるかも知れませんよ?

ダイエットをするなら基礎代謝についても把握をしておきましょう

ダイエットをするなら基礎代謝についても把握をしておきましょう

ダイエットと食事の関連性

貴方は運動をするだけで痩せると思っていませんか?

それは違います。

運動だけではダイエットには不十分なのです。

それは何故でしょうか?

考えてみましょう

消費した分だけ

ダイエット中の貴方。

どんなダイエットをしていますか?

運動によるダイエットは汗も流せますし、健康的ですね。

でも、お腹が空きます。

そう、運動の後はとてもお腹が空いてしまうのです。

運動をしたからといって、その分食べてしまっては意味がありません。

もしかしたら、その運動の分よりも食べている可能性だって考えられるのです。

それを防ぐには、御自分の食事を見直す必要があります。

さて、ダイエット中の食事というと、野菜を中心とした食事で、お肉やお魚などは食べられない印象がありますね。

しかし、そうではなく、肉も魚もはたまた甘いものでも食べていいのです。

問題はそのカロリーの総量。これが重要になってきます。

基礎代謝

人間には何もしていなくても消費されるエネルギー、『基礎代謝』というものが存在します。

基礎代謝は一日に人が必要とする最低限のエネルギーで、この基礎代謝よりもカロリーが少なくなれば、自然と痩せていきます。

ですが、この基礎代謝分を減らしてしまうと、体温の低下などを招いていしまうので、減らす事はあまりお勧めできません。

健全にダイエットを行うには、基礎代謝分はきっかりと確保し、その上で更にカロリーを消費する必要があります。

一見難しそうですが、人間は生活する上で様々な方法でカロリーを消費しているので、そこまで気にする必要はありません。

また、自身の基礎代謝を測るには、インターネット上のサイトを使用すると良いでしょう。

自身の基礎代謝を知る事で、自分がどの程度のカロリーを一日に必要としているかが分かります。

バランスよく

カロリーを守っているからと言って、好き勝手に食べていいという訳でもありません。

脂肪が多いものを食べればその分、体に脂肪は蓄積されますし、健康にも悪いです。

なので、ダイエットをするには、野菜、炭水化物、肉、魚、油、などをバランスよく組合せて食べる事が求められます。

そういったバランスのいい食事をする事で、ダイエットへの道はぐっと近くなるのです。

更新日:

Copyright© ダイエットの基本を知らないアナタへ , 2021 All Rights Reserved.